上村ひなのがオーディションを受けた理由とは?どんな子なの?

上村ひなのアイドル

坂道合同新メンバー募集オーディション』で

日向坂のただ一人の合格者3期生として加入した上村ひなのさん。

彼女は、まだ若干15歳の中学3年生!

未来の日向坂を背負っていく存在になりそうです。

上村ひなのちゃんは、どうして坂道オーディションを受けたの?

それは坂道グループが大好きだからなんだよ!

それでは、上村ひなのちゃんが何故『坂道合同新メンバー募集オーディション』を受けたのかみていきましょう!

スポンサーリンク

上村ひなのちゃんはオーディションをどうして受けたの?

上村ひなのちゃんは、オーディションを受ける前から、坂道グループの乃木坂、欅坂、欅坂の握手会に足を運ぶ大フアンで、只ならぬ坂道愛を持っています。

内面は、大人しい子ですが、オーディションには、並々ならぬ決意をもって臨みました。

アイドルと正反対の感じの明るくはない性格だが、

坂道グループが大好きなので

オーディションを受けたようです。

坂道合同新メンバー募集オーディション

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の「坂道シリーズ3グループ合同オーディション」
(2018年6月1日開始 最終審査:2018年8月19日 2018年11月29日:合格者の配属先発表)
オーディション審査
  • 一次審査:書類審査。
  • 2次審査:カメラテスト。
  • 3次審査:面談
  • 候補者によるSHOWROOM配信 : 8月14日 (火)~17日 (金) 審査の参考
  • 最終審査:実技(自己アピール、歌唱審査、質疑応答)

応募総数:12万9182人 合格者39人 倍率3400倍中 39名が合格。

配属先決定者:乃木坂46の4期生11名・欅坂46の2期生9名・けやき坂46の3期生1名

2018年12月10日に欅坂46・けやき坂46が合同で、日本武道館にて「お見立て会」を開催

上村ひなのちゃんのオーディションでの様子

坂道合同新メンバー募集オーディション』は、

坂道グループが大好きで応募したオーディション

これまでに握手会にも行っていて、グッズもたくさん持っていたそうです。

坂道グループのメンバーになりたいという気持ちが語られています。

その一方、オーディションでは、坂道グループが女性に人気があることから、自分よりおしゃれな人が多く、気後れしたことも認めています。

合同オーディションの審査

ひなのちゃんは、合同オーディションのセミナーに参加し、そこで、シード権を得て、2次審査から進みます。

もちろん、合格を目指して臨んだのですが、3次審査に進めたのは大きな驚きがあったようです。

坂道メンバーになりたい気持ちはありましたが、内気な自分がアイドルに本当になれるのか不安があったかもしれません。

合格後の配属先は、何か月後に聞いたそうで、

日向坂の3期生として、同期のいない1人だけの合格には戸惑い気味だったようです。

同期ともなる欅坂2期生のことを後に「仲間」と呼んでいます。

審査は緊張の連続でした。
歌唱審査で声が裏返ってしまったり、特技の早歩きを披露したのですがはきなれないヒールの靴をはいていたので全然速く歩けなかったり😅と様々なハプニングがありました。

その後、信じられない事に3次審査、そして最終審査まで進むことができたのですが正直ずっと実感がわかなくて、「本当に私の名前呼ばれてたかな?間違えてないかな?」と持ち前の心配性さを発揮してずーっと心配でした。
合格させていただいた後も、本当に私の名前呼ばれてたかな?とずっと心配でした。

引用元:日向坂公式ブログ

スポンサーリンク

SHOWROOM20番(にまるちゃん)で語った坂道グループ愛とは?

SHOWROOMでは、番号は20番で、声のみのラジオ配信。

※SHOWROOMでのイベント期間中の配信内容、獲得ポイント数、順位等は審査過程の参考とするが、直接的に合否には関係なかった。

20番なので、「にまるちゃん」と呼ばれていました

ひなのちゃんが語った、坂道グループを好きになったきっかけや応募動機についての言葉から感じたことを書いてみます。

応募の動機について

幼い頃から、一人遊びをしていた内気だったひなのちゃんが、テレビの画面から見る清楚なアイドル乃木坂に徐々に惹かれていったようです。

これが運命の糸となりオーディションを受けることになります。

応募の動機
  • 坂道グループが大好き
  • アイドルと正反対の感じの明るくはない性格
  • アイドルに憧れてオーディション受けようと思った

坂道グループには、自分にはない明るさがあるように感じたのかもしれませんが、ひなのちゃんには、坂道グループと共通する上品で清楚なところがあると思います。

坂道グループについて

乃木坂から好きになり、やがて、欅坂、けやき坂の坂道3グループをすべて好きになったようです。

3グループの中で、どのグループが一番好きなのかは、明かしていません。

たぶん、合同オーディションのため、特定のグループを支持するのに遠慮したのではないかと思います。

坂道グループを好きになったきっかけは、友達の影響のようです。

周りに坂道グループを好きな友達がいて、その友達の影響もあってか、小学5年生くらいの時に乃木坂を好きになったようです。

乃木坂に興味を持った頃、『何度目の青空か』と『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』の2曲を披露する番組があって、それをずっと録っておいて、何回も見ていたら、本当に好きになってしまったと語っています。

その後、坂道の欅坂とけやき坂も好きになり、好きな曲をそれぞれ挙げてくれました。

坂道グループの好きな曲
  • 乃木坂46「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」
  • 欅坂46「エキセントリック」
  • けやき坂46「期待していない自分」

どれも、シングル代表曲ではなく、カップリング曲かアルバム曲です。この選曲だけでも、ひなのちゃんが、坂道のコアなフアンであることが窺えます。

もしかすると、発売されたCDは、シングル、アルバム全種持っているのかもしれません。

強調して言っているのは「坂道オタクで、ほんと全員が大好きなんです」ということです。

全員の中からあえて選ぶ代表的な推しメンを各グループ1名挙げています。

もちろん、3人とも握手したことがあります。

坂道グループの推しメン
  • 乃木坂46では西野七瀬さん
  • 欅坂46では長濱ねるさん
  • ひらがなけやきでは渡邉美穂さん(初めて握手した時、失神しそうになったらしい)

西野七瀬さん、長濱ねるさんは、グループを卒業してしまったので、さぞ寂しかったのではないでしょうか?

今は、渡邉美穂さんと同じグループで活動できて、大満足ではないでしょうか?

オーディションの歌

オーディションの時は、西野七瀬さんの「もう少しの夢」を歌ったが、

「高音が出なくて、すごい音痴。音痴とまではいかないくらいな音痴。」と

反省しています。

SHOWROOMでも、数多く、短い歌を披露してくれましたが、まだ未完成な感じでした。

これからボイストレーニング等の歌のレッスンを積んでプロらしくなるのではと予想しています。

SHOWROOMのひなのちゃん(にまるちゃん)の感想

坂道グループを小学生から好きだったひなのちゃん。

ラジオ配信で顔出しはできなかったけど、コメントくれた人の名前を真面目にメモを取り覚えていました。

多いときには、6,000人ルームに来てくれています。

見られるのは苦手とも語る恥ずかしがりな女の子が、憧れていたアイドルになっていく過程を生の声で語ってくれてました。

スポンサーリンク

初お披露目<お見立て会>

欅坂2期生・けやき坂3期生は12月10日に日本武道館の「お見立て会」で初パフォーマンス及び初握手会を行いました。

ひなのちゃんは、あいさつを何度も練習したそうです。

「いつでもどこでも変化球、ひなのなの!東京都出身、中学2年生の上村ひなのです。
私には変化球のように予測不能な顔が3つあります。
暗い私、明るい私、アイドルの私。
これからたった一人のひらがなけやき三期生としてキラキラと輝いていきます!
今日はここにいる皆さんの心をハッピーに動かしてみせるので、私の事をずっと見ていてください。約束です!」

引用元:日向坂公式サイト

けやき坂(日向坂)のみんなを幸せにする「ハッピーオーラ」を意識した挨拶でした。

ミニライブでのパフォーマンスは3曲、欅坂2期生と一緒におこない、ファンの方が手作りのタオルやうちわで応援してくれてとても嬉しかったようです。

欅坂2期生は「仲間」だと思っているとも語っています。

けやき坂には、同期はいませんが、欅坂2期生と今後も仲良くしていってほしいと思います。

また、ライブ後に握手会がおこなわれたのですが、そこで抽選で46番のカードを引くという

運の良さで坂道アイドルの女神に見いだされています。

タイトルとURLをコピーしました