松井珠理奈はデビュー当時からアンチがヒドイ!小学生でセンターだから?

松井珠理奈アイドル
引用元:NAVER まとめ

SKE48松井珠理奈さんは最近まで休養をしており、すっかりメンタルが弱いイメージ

見られがちですが、彼女は小学生のデビュー当初から大人たちに振り回されながら、時には

涙を流しながら前を向いて歩いてきています。

そんな珠理奈さんの小学生の画像を見ながら昔は可愛かったことと、最初からセンター

アンチが多かったことをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

松井珠理奈のデビュー当時の小学生が可愛い

松井珠理奈

引用元:ピストル

松井珠理奈さんがSKE48のオーディションに合格しお披露目した頃の写真です。

当時は11歳の小学生ですが、少し大人びています。

緊張のためか口は閉じていて笑顔ではないですが凛として堂々としている佇まい

大物の予感を感じさせますね。

 

こちらはデビュー後にランドセル姿を撮影された写真のようです。

松井珠理奈

引用元:ネタ BOX

これを見ると「いや~ホントに小学生だったんだ~!」と感動してしまいます。

そうです!松井珠理奈さんは小学6年生SKE48に加入しAKB48のシングルにも

参加しています。

 

本名 松井珠理奈

生年月日  1997年3月8日

出身地 愛知県

血液型 B型

デビュー 2008年10月5日 (11歳)
『SKE48 チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」』公演

実は小学6年生(11歳)からデビューしており22歳で卒業発表しているので
11年AKB48グループ(SKE48)で最前線で活躍していたかと思うと
頭が下がりますね。
スポンサーリンク

松井珠理奈は運を持ったダイヤモンドの原石

松井珠理奈さんはSKE48の最終オーディションで歌唱審査が49番目でしたが、カラオケの

機械が珠理奈さんの選曲が出せず、順番を交代して50番目の最終歌唱者で審査に臨み

一番最後に歌ったということでも強い印象を残し見事に合格します。

審査員長の秋元康さんが松井珠理奈さんに送った言葉
  • 運がすごく大きい
    最後に出てきて、すごいスター性があるなと。49番と50番は全然違う。
  • 10年に一人の逸材
  • (ダイヤモンドの)原石
スポンサーリンク

松井珠理奈はデビューがAKB48のWセンター

松井珠理奈さんが11年前の10月にSKE48の公演デビューと並行してAKB48の10th

シングル「大声ダイヤモンド」の前田敦子さんとのWセンターに大抜擢されていました。

実は、レコード会社移籍後初のグループにとって大事なシングルでした。

AKB48のシングルは、当時は株式会社ソニー・ミュージックレコーズの子会社であった株式会社デフスターレコーズ (現在の株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ) から発売されていたが、「桜の花びらたち2008」をもって契約が打ち切られたあと、配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」のリリースを経て、講談社の子会社であるキングレコードへ移籍した。「大声ダイヤモンド」は移籍後初のシングルである。

引用元:ウイキペディア

そしてこのCDのジャケット写真は、松井珠理奈さんだけで撮影されました。

松井珠理奈

引用元:OTOKAKE(オトカケ)

PVも主役級の扱いで出ています。

台詞こそほとんどありませんでしたが、中央に立って踊る姿は小学生が初めて

PVに参加したものとは思えず貫禄すら感じさせます。

AKB48のメンバーもセンターの名に恥じないメンバーだと思えたことでしょう。

スポンサーリンク

松井珠理奈はデビュー時からアンチが多かった

AKB48の中に突然できたグループの入ってきたばかりの小学生がど真ん中に立っている

のを面白くないと思う人が多かったようです。

握手会は特にひどくて、アンチが「これから珠理奈を泣かしてくる

と言って珠理奈さんの列に並び、難癖をつけて本当に泣かしたり、

集団で珠理奈さんの握手の手を振り払い睨んだりしていたこともあった

ようです。

当時は握手会のシステムも整わずメンバーをケアするまではいかなかったのでは

ないでしょうか。

秋元さんら運営上層部は面白いからやってみようということで突飛なことを考えて

後は現場とメンバーまかせの体質は今も昔もあまり変わっていないようです。

スポンサーリンク

松井珠理奈はSKE48でもセンター

松井珠理奈さんは中学生になっていますがSKE48の1stシングル「強き者よ」でセンターに

抜擢されます。

後に「W松井」としてWセンターを務める松井玲奈さんは、このときはまだ前には

出てきていません。

珠理奈さんは、その後もSKE48ではセンター、AKB48では選抜の2つのグループで

活動し、小・中学生から新幹線で名古屋と東京を往復していました

学校の授業は抜けられないので相当大変だったと思います。

 

そうした苦労もあってAKBグループには強い愛情があり、今のグループの位置に

納得できないことがあったのだろうと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

松井珠理奈さんは11歳の小学6年生SKE48に加入し、同時にAKB48の10thシングルの

Wセンターも努めています。

当時の画像を振り返るとランドセルをしょっている姿はにかむ表情初々しいです

しかし、突然、真ん中にぽんと出されてファンから冷たくされたのも事実であり

多くのアンチからバッシングを受けて出だしから涙を見せていました。

それでも負けずに自分とメンバーを信じて突っ走しってきました。

 

珠理奈さんはAKBグループの栄光の時代を知るただ数少ない現役メンバー

でした。

卒業されるまでの間、元気な姿を見せて後輩たちに昔のAKBグループのことを教えて

やってほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました