阿部慎之助の年俸推移と成績は?選手引退後は監督になるのか?

阿部慎之助スポーツ
引用元:道楽日記
読売ジャイアンツを一筋で闘い続けた阿部慎之助選手
強打の捕手」として名をはせた「背番号10」が惜しまれながらユニホームを脱ぐことを決意
しました。
今季は、主に代打での出場を続けていましたが、チーム状態が下降した8月以降には、
40歳ながら「5番一塁」でスタメンで出場することが多く、5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献
しています。
阿部慎之助選は、いつでもチームをずっと支えて続けてきました。
長らく正捕手一塁手としてチームの中心となり、個人としても数々のタイトルを
残してきました。
読売ジャイアンツ の阿部慎之助選手のこれまでの成績・年俸推移と経歴をみていきたい
と思います。
そして、引退後の監督就任についても触れています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

阿部慎之助の年俸推移と成績

阿部選手は、2001年新人捕手で開幕戦に先発出場し、初打席初安打初打点を達成しています。

年棒は、35歳まで右肩上がりで、36歳以降、5年連続でダウンしています。

2012年(33歳)の契約更改では5億7千万円(推定)の1年契約で更改
2013年(34歳)  〃    6億(推定)に上がり球団最高年俸タイ記録となります。
2014年(35歳)不振を受けて年俸は5億1000万円(推定)へとダウンしましたが、
球界最高年俸は維持しています。

阿部慎之助の年俸(推定)推移・成績(打者)の表

年度年齢年俸(万)前年差額累計本塁打安打打点打率
200122歳1,30001,3001387440.225
200223歳3,8002,5005,10018133730.298
200324歳7,8004,00012,9001595510.303
200425歳7,500-30020,40033114780.301
200526歳12,0004,50032,40026143860.300
200627歳14,0002,00046,40010133560.294
200728歳14,000060,400331371010.275
200829歳24,00010,00084,40024116670.271
200930歳27,0003,000111,40032120760.293
201031歳35,0008,000146,40044140920.281
201132歳40,0005,000186,40020114610.292
201233歳40,0000226,400271591040.340
201334歳57,00017,000283,40032125910.296
201435歳60,0003,000343,40019114570.248
201536歳51,000-9,000394,4001583470.242
201637歳32,600-18,400427,00012104520.310
201738歳26,000-6,600453,00015119760.262
201839歳21,000-5,000474,0001149460.247
201940歳16,000-5,000490,000646260.299
通算4052,1311,2840.284

出典:年俸.jp

 

年棒(推定)推移グラフ
年棒グラフ

成績では、2012年(33歳)に首位打者、打点王、最高出塁率を記録しています。

表から見た各項目の回数ですが、規定打席に満たないものも含んでいます。

本塁打 30本以上が4回

ヒット 130本以上が6回

打点  100以上が2回

打率  3割以上が5回

スポンサーリンク

阿部慎之助のプロフィール選手と経歴

阿部慎之助選手のプロフィールと経歴をみていきましょう。

阿部選手は、学生時代から、非凡な才能を見せつけドラフト1位でジャイアンツに入団します。

入団した翌年に新人捕手で開幕戦に先発出場して、初打席初安打初打点を達成し、
スター街道を走り出します。

阿部慎之助選手のプロフィール

阿部慎之助選手のプロフィールです。

学生時代から活躍するだけあり、体格に恵まれています。

阿部慎之助

引用元:GIANTS

  • 生年月日 1979年(昭54)年3月20日
  • 出身 千葉県浦安市
  • 身長/体重 180cm/97kg
  • 投打 右投左打
  • ポジション キャッチャー・ファースト
  • ドラフト 2000年ドラフト1位
  • 初出場  2001年3月30日
  • WBC   2009年優勝
  • 経歴  安田学園高等学校から中央大学
  • 父   元実業団プロ野球選手(中央大学卒・捕手) 慎之助と共通点が多い
  • 家族  妻・子供3人

引用元:ウイキペディア

阿部慎之助選手の野球の経歴

では、学生時代から順にみていきましょう。

学生時代から入団まで

安田学園高等学校では高校通算38本塁打を記録しています。
卒業後は父と同じ中央大学へ進学し、
3年春まで東都大学野球連盟2部リーグでプレーしていました。
3年秋から1部に昇格するとベストナインを獲得します。
2000年9月にシドニーオリンピック日本代表に選ばれました。
そして、2000年のドラフト会議ではドラフト1位の「逆指名」で読売ジャイアンツに入団します。
当時の契約金最高標準額を超える10億円契約を結んでいたと関係者が証言したとされています。
阿部慎之助

引用元:日刊スポーツ

2001年-2010年
2001年
当時ヘッドコーチ・原辰徳さんの推薦で球団としては山倉和博選手以来の23年ぶりとなる
新人捕手開幕スタメン」の8番・捕手として出場します。
当時の長嶋監督は正捕手の村田真一さんを教育係にして、次にとって代わる選手として
127試合に出場させ経験を積ませています。
規定打席に6打席は届かなかったが、田淵幸一さん以来2人目となる新人捕手でのシーズン
2桁本塁打を記録しました。
2002年
規定打席に到達し、ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得します。
4度のサヨナラ打を放ったことから「サヨナラ慎ちゃん」と呼ばれました。
2003年
故障に苦しみますが、3割を達成し、初めてオールスターゲームに出場します。
2004年
4月に6試合連続本塁打一試合3本塁打を記録します。
4月に16本塁打を放ち王貞治さんの球団記録を更新、日本タイ記録を達成しました。
シーズン30本塁打は巨人軍所属捕手としては球団史上初の記録となりました。
2005年
打率は3割を越え、出塁率と得点圏打率はチームトップの成績でした。
右肩痛のためプロ入り後初めて一塁手として出場しています。
これのためかもしれませんが、当時の原監督から一塁手へのコンバートを提案されたが、
捕手として勝負したいと辞退しています。
2006年
10月には元・日産ミスフェアレディの女性(石田悠さん)と結婚しています。
阿部慎之助

引用元:道楽日記

2007年
チームの主将に任命されます。
6月には「球団史上第72代目4番打者」となります。
プロ野球史上初の球団通算200満塁本塁打放ち、オールスターではMVPを獲得し、
自身初のシーズン100打点を達成します。
2008年
開催される北京五輪の野球日本代表予選に出場し最優秀打者賞MVPを獲得します。
主将としてチームを引っ張りリーグ優勝を果たしますが、
牽制球で右肩を負傷し日本シリーズでは代打として出場しました。
2009年
巨人軍捕手初の200本塁打を記録します。日本シリーズでは日本一に輝きMVPを獲得しました。
2010年
5月21日に10年連続2桁本塁打を記録し、長嶋茂雄さん・王貞治さん・原辰徳さん・松井秀喜さん・高橋由伸さんに次ぐ6人目の達成となりました。
2011年-2019年
2011年
練習試合で右ふくらはぎを負傷して、開幕に出遅れ、2軍で調整から始まります。
その後、1軍に復帰し、正捕手としてだけでなく、シリーズ終盤ではラミレスに代わって4番に定着するなどして、攻守にわたってチームを牽引し、球団から評価されました。
2012年
4番として起用され個人としてはは初めてとなる「首位打者・打点王・最高出塁率」のタイトルを
獲得します。
2013年
第3回WBC日本代表に選出され活躍します。
3年ぶりに30本塁打を記録しています。
阿部慎之助

引用元:so-netブログ

年俸が6億円(推定)に上がり、松井秀喜と並ぶ球団最高年俸タイ記録となりました。
2014年
捕手では史上5人目となる通算1000打点、球団史上6人目となる通算3000塁打を達成しています。
しかし、この年記録の陰で、怪我や不振に泣かされた年でした。
一塁手として出場することもあり、本塁打数も19本と低迷し、2006年の10本以来8年ぶりに
20本を下回っています。打率.248は規定打席到達者の中で最下位でした。
2015年
ファーストにコンバートされ、開幕からファーストとして出場。
7月には通算350号本塁打を達成。
不振にあえいだ年で1億8400万円のダウンを受け入れ、3億2600万円(推定)でサインを
しています。
2016年
高橋由伸監督の方針で捕手登録に戻るが怪我に悩まされ2軍で開幕を迎えます。
小林誠司選手の成長もありプロ入り後初めてキャッチャーとして出場がありませんでした。
規定打席には到達できなかったが、打率.310・12本塁打・52打点を記録し4番打者として
随所で活躍を見せたましたが、年俸は6,600万円ダウン2億6,000万円(推定)
なっています。
2017年
NPB史上49人目となる通算2000本安打を達成し17年連続2桁本塁打も記録。
2018年
岡本和真選手の飛躍でスタメン出場の機会は減ったものの18年連続2桁本塁打を記録。
2019年
再び捕手としての道を歩むことを決意しますが、捕手は3人体制となり、代打の切り札として
開幕1軍入りします。
6月にシーズン初本塁打を放ち、史上19人目の快挙となるプロ通算400本塁打を達成します。
球団史上、在籍中に通算400本塁打達成は王貞治、長嶋茂雄に次ぐ3人目
引退発表

スポンサーリンク

阿部慎之助のジャイアンツ監督の予定は?

現役選手が引退した後すぐに監督になる例も良くあります。

阿部選手は、チームに残って野球人生を貫こうとしているので、指導者の道を歩み
近いうちに必ず監督になります

よくご存じのとおり、野村克也さんや古田敦也さんは、捕手として選手兼任監督をつとめて
いました。

捕手経験者は選手時代にチーム全体をみているので監督に向いているとする人もいます。

視野が広く、360度を見渡しているそうです。

古田さんは、実績を残せませんでしたが、野村さんは、成果を残しています。

その後、野村さんは、南海→ヤクルト→阪神→楽天と監督として渡り歩き、
ID野球でヤクルトを再生させています。

ヤクルトでは、リーグ優勝4回日本一3回を成し遂げました。

 

現役からすぐに監督になった例はジャイアンツでは、

まず、高橋由伸監督がいます。

4年前に勇退を表明した原監督の後任として球団より監督就任要請を打診され受諾しています。

3年監督をつとめましたが、2位→4位→3位でクライマックスシリーズでの優勝はありません。

 

そしてなんといっても長嶋監督ですが、選手引退と同時に監督に就任しています!!

さすが、ミスターですね。

監督初年度こそ最下位と振るいませんでしたが、翌年とその次の年はリーグ優勝しています。

この好例のイメージが球団首脳陣にあり、高橋由伸さんを現役引退後、すぐの監督就任を
要請したのではないかと思います。

しかし、采配は精彩を欠き”素人野球”と揶揄されました。

 

ジャイアンツでの3度目の球団史上初の監督をされた原辰徳さんは、

野球解説者を3年ほどやって、ジャイアンツのコーチを3年務めています。

そして、長嶋監督が勇退するということで、巨人の監督に就任します。

原監督は名監督ですが、現役引退後、すぐに監督になっていません。

 

阿部慎之助選手も大スターなので、いづれ監督になると思いますが、
原監督がそうであったように、
指揮する監督の下で、采配の一翼を担って修行を積んでからが良いと思います

原監督も今シーズン優勝の実績ができたので、2年ぐらい続投するかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

阿部慎之助選手は、入団当初から大活躍をし、年棒は、最高時6憶円(推定)でしたが、その後、

故障等の理由により、5年連続でダウンします。

しかし、最後のシーズンとなった本年はチームを引っ張り、みごとシーズン優勝を

成し遂げています。

阿部選手も長嶋さん、原さんと同じくジャイアンツのユニフォームしか着ないのでは

ないでしょうか?

次期監督の筆頭候補となった阿部選手は、いきなり監督となってしまうのか気になりますね!

ジャイアンツ愛がある方なので、今後の決断を待ちたいと思います!

読売ジャイアンツ優勝おめでとう!

阿部選手、最後までありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました